環境保護

私たちの目標は世界を美しく保つことにあります。
私たちの理念は自然を尊重し、また自然からも恩恵を受けています。
テキスタイブランドの世界有数のサプライヤーになるため、個々の成長を目指すほか、私たちには持続可能な発展を目指すという同じ理念を持ったパートナーがいます。
「荒野保護協会」「有機稲農」などが私たちのパートナーにあたります。
*
*
荒野保護協会はひとりの一般人によって設立された環境保護を目的とした公益社団法人です。 1995年の設立以来、台湾を出発点として、世界中に目を向け、全て人々が参加できるよう方式を採ってきました。自然を通した教育と保全のため、台湾では、世界中に荒野保護の活動を、次の世代へ美しい自然を残す為、PRしてきました。 荒野保護協会は設立から10年以上、多くの人々の熱意と善意、協力により、自然を通じた教育、環境問題や自然の保全、地域社会の活性化やボランティア活動、に取り組んできました。私たちは台湾の環境保護のため、より専門的な知識を身につけ、活動の国際化に邁進してゆきます。
( https://www.sow.org.tw/ )
*

五股濕地の保全

SINGTEXでは、環境保護を理念に、毎年Patagonia、台湾荒野保護協会と共に、五股濕地での活動に励んでいます。「保全講座」「湿地自然生態概念の教育」「五股濕地夏の広告活動」及び「絶滅状態にある四班トンボの調査」など、社員と取り組むことで、環境保護への理解と重要性を教えています。
*

Earth Hour活動

近年異常な地球気候の変化は台湾へも影響をもたらしています。そのため、SINGTEXでも荒野保護協会と共に毎年アースアワー活動に協力をしています。 アースアワーとは、世界自然保護基金による国際的なキャンペーンで、3月の最終土曜日に1時間電気を使わないイベントです。 2007年にWWFのオーストラリア支部とシドニー・モーニング・ヘラルドにより行われ、2008年から国際的にこのイベントが行われています。 世界中の人々が、同じ日・同じ時刻に電気を消すなどのアクションを通じて、地球温暖化を止めたい! という思いを示すイベントです。

海洋保護活動

SINGTEXでは、荒野保護協会の「海洋保護活動」で回収したペットボトルなどの廃棄物を利用し、リサイクルTシャツなどを製作しています。
*

宜蘭での有機農作栽培

2011年からは、Singtexは宜蘭にて有機米の栽培をスタートしました。 有機農作による環境保護のほか、Singtexの社員に、私たちが普段食べているお米の大切さを教えることを目的としています。毎年Singtexの社員たちは、 米の作付けから収穫まで行い、環境保護の概念と食べ物の大切さについて学んでいます。