コーヒーの一生

一粒のコーヒー豆の世界

*
*

一粒咖啡豆的世界

人々は13世紀からコーヒー豆を栽培し、焙煎し、飲用してきました。様々な過程を経て、コーヒーは現在世界中で石油に続く貿易商品として、全世界50カ国で製造され、1.25億人の人々がコーヒーを作っています。現在1日に約20億杯のコーヒーが飲まれ、コーヒー農家は2800家にも
*

コーヒーの母

世界のコーヒーの母 エマ・クヌーセン(Erna Knutsen)はコーヒー業界では国際的に有名な伝説の人物である、アメリカのスペシャリティコーヒー協会(SCAA)の創設者であり、1974年に(スペシャルティコーヒー)の概念、コーヒー品質の向上、及び様々なコーヒー生産地の風味を研究し、全世界にコーヒー革命をもたらした人物である。
*

ブルーエコノミー

ブルーエコノミー提唱者 Gunter Pauliは「一杯のコーヒーを飲む行為は、産出物の0・2%を消費するに過ぎず。99・8%はゴミとなる」と言いました。コーヒーカスを植物の費用として使用することは、「ブルーイノベーション」「ブルーエコノミー」の概念とされています。ゴミを再生紙、更に多くの資源を生み出すことが出来るのです。
*

コーヒーカス、その後は?

しかし、多くの人が毎日飲まれるコーヒーから出る大量のコーヒーカスがどのように処理されるか考えたことがないでしょう。統計によると、台湾の人口2300万人のうち、毎日600万杯のコーヒーが飲まれ、30トン以上の大量のコーヒーカスが排出されています。また、コーヒーを飲む人の人口は毎年4.5倍以上も成長しています。世界中でコーヒーを飲む人の人口は10億委任以上で、毎日16億杯以上のコーヒーが飲まれています。
*

エコフレンドリーな生活を

大量のコーヒーカスを有効利用するため、Singtexでは4年の歳月を経て、8度の改良を重ね、 「S.Café®エココーヒー糸」を開発しました。 コーヒーカスを機能性のある繊維として使用する画期的な開発として、私たちは毎日約500キロのコーヒーカスを回収し、Recycle、Reduce、Reuseを三大環境保全の意義として掲げています。
*

Drink it, Wear it !TM

私たちは、コーヒーはただ飲むだけではなく、着ることが出来るということを発見したのです。1着のコーヒー服には、3杯のコーヒーと5つのペットボトルがしようされており、リサイクル素材を使用することで、ゴミを減らし、炭素を節減しています。同時にエココーヒー糸の機能には、コーヒーの持つ消臭機能があり、この機能は永遠の効果を持ちます。 全世界で110以上のブランドがS.Café®を愛用しています。
*

コーヒーの木

Singtexはコーヒーカスを何かの用途で応用ができないか、環境保全のコーヒー製品を作りたいと、積極的に研究を続けています。 コーヒーというひとつの原料が、飲み物として私たちの生活に広まり、また飲み終えたコーヒーのカスは洋服になり、シャンプーになり、私たちの生活として循環していくのです。 生命の樹を見る   >>